事実があるから感動がある。小説家・伊与原新さんと。

ゲスト:伊与原 新さん(小説家)、
研究者:片岡龍峰 准教授(国立極地研究所)

古典籍の中に「赤気」というオーロラが出てくる
定家が書き残した1204年京都の真実とは?
『アルノーと檸檬』をめぐって、鳩が気になる
科学的に間違っているほうがこわい

データサイエンス時代の人文学はどう進む?

答える人:ロバート キャンベル 館⻑(国⽂学研究資料館)、
北本朝展 センター長(データサイエンス共同利用基盤施設、国立情報学研究所)、
藤山秋佐夫 施設長(データサイエンス共同利用基盤施設、国立遺伝学研究所)

「データサイエンス」時代の人文学へ向けて
デジタル化が難しい、日本の古典籍4つの特色
古典籍がデータ公開され、情報学の対象になった
古典籍のマイニングで、日本文化の遺伝子を突き止める

チバニアンをめぐって、小説家・伊与原新さんと。

ゲスト:伊与原 新さん(小説家)、
研究者:菅沼悠介 准教授(国立極地研究所)

ほぼ1年ぶりに再会して
チバニアン裏話と地磁気反転
南極の氷はどのように融けたのか?
たまたま読んだ英語の論文がヒントに
研究者の世界は世に知られていない

@kyokuchiken 国立極地研究所

@NII_Bit 国立情報学研究所

@tousuuken 統計数理研究所

@NIG_genomushi 国立遺伝学研究所

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構
〒105-0001 東京都港区虎ノ門4丁目3番13号ヒューリック神谷町ビル2階
TEL:03-6402-6200 FAX:03-3431-3070 E-mail:webmaster_sr@rois.ac.jp
Copyright © Inter-University Research Institute Corporation Research Organization of Information and Systems(ROIS). All rights reserved.